スーツのメンズ

講演会を依頼する講師の紹介│インターネットで予約しよう

芸能人を講演に招くには

男の先生

講演会やセミナーなどで講師を派遣する会社には、有名人や芸能人が所属していることがあります。彼らは多忙なためを講師として招くには、かなり前から予約が必要なときがあります。

詳細

会社の利益を上げるために

講義

会社の式典やセミナーなどでどのような講師に依頼するか、迷っている方もいると思います。できれば講演会を開くときは会社に関係する話しをする方や、利益をもたらす可能性のある話しをしてくれる講師を招くことが大切です。

詳細

イベントを盛り上げるには

太鼓

会社のイベントで、和太鼓を演奏してくれるグループを探している方もいると思います。依頼の際はインターネットを使うと便利です。また、人気グループにお願いするときは、早めに予約をとっておくことが大切です。

詳細

予約の際の注意点

先生と生徒

講師を紹介してもらうときは、事前に予約を入れることが必要です。その際はいくつか注意することがあります。もし講師に直接講演を依頼するときは、電話ではなくメールでする方が喜ばれるときがあります。電話の方が依頼する側は早くて楽です。しかし、依頼される側の講師は、二つ返事で講演を了承するとは限りません。むしろ、最初は講演依頼が成功しない確率の方が高いかもしれません。講演会を開く主催者側は、あらかじめ日程を決めていると思いますが、紹介された講師の日程がそれに合うとは限りません。人気の講師になればなるほど忙しいので、日程の調整は難しくなります。分刻みで行動している方もいるかもしれないので、電話で予約されてもすぐにはスケジュール調整がすぐにはできないとされます。その点、メールなは返事をする時期が多少遅れても、相手側に迷惑がかかることはありません。また、主催者が希望する講演内容が、講師にとっては望ましくないこともあります。講師依頼の原則として、テーマに合わせた講師を選ぶことが大切です。しかし、講師によって何らかの事情で講演内容を変更したい方や、依頼された講演内容で話すことをためらっている方もいるかもしれません。そうなると、講師には依頼された際に、考えたり迷ったりする時間が必要です。電話で依頼されると言葉選ぶ時間も必要になるので、メールの方が熟考する時間があって講師に喜ばれることがあります。依頼の時は講演料をはっきりと明示することも大切です。講演料によって講演を承諾するか決める講師もいるので、大まかでもいいので講演料はあらかじめ決めておくといいでしょう。